MENU

インプラント治療

#02

インプラント治療

インプラント治療

当クリニックの田中謙光は【日本口腔インプラント学会専門医】の実績と、東北大学病院インプラントセンター、ジュネーブ大学、鹿児島大学義歯補綴科で多くの症例を経験しておりますので、豊富な技術、知識、経験があります。 インプラント治療でお困りの際はぜひ一度、口腔インプラント専門医が在籍している「田中歯科医院」にご相談下さい。

<より安全なインプラント治療のために>

●歯科用CT完備

歯科用CTにより、神経や血管の位置を3次元的に把握できるため、これらを傷つけることなく、より安全にインプラント手術を受けていただくことができます。

インプラント治療の流れ

十分なカウンセリングを行った上で、お口の中の状態や、全身状態等も考慮し、インプラント治療が最適かどうかを検討します。
インプラントが適切と判断したら、型取りをしてCT撮影のための準備をします。

2.CT撮影、シュミレーション

CT撮影を行って、骨や粘膜の状態を診査します。
CTを撮影し、専用の画像処理ソフトを用いることで、どこにインプラントを埋入してどのような歯を作るかをシュミレーションします。シミュレーション通りにインプラントを埋入するためにサージカルガイドという装置を作成します。 手術を行うタイミングや術式、歯の材質など、治療計画を立てて同意書や見積書を作成します。

シュミレーションを元に、適切な歯を作れるように最適な位置、角度でインプラントを埋入します。 症例に応じて、骨を増やす術式を併用する場合もあります。 (人工の骨を用いる場合や、近くの部位から骨を採取して移植する場合もあります) 術後は、投薬(痛み止めや化膿止めの薬の服用)、消毒、術後感染の予防管理等を行いながら、インプラントが骨と結合するのを待ちます。

インプラントと骨が十分に結合したら、歯ぐきを再度切開して、インプラントの頭を出すための部品を取り付けます。 この際に、歯ぐきを強くするための術式を併用する場合もあります。
※ 条件が良ければ、この二次手術は不要な場合もあります

粘膜が治癒したら、インプラントの型取りをして、仮歯(プラスチック)を装着します。 仮歯を使ってもらい、違和感や清掃性、歯ぐきの変化等を観察して、最適な形になるように調整を行います。

●骨の少ない患者さんへのインプラント治療

●骨増量(GBR)法とは

●上顎の奥歯の部分に骨が足りない場合

tel:0986-25-6677